夢とは簡単なものなのか。
それとも難しいものなのか。
人それぞれ違う。
私は成人してやっと夢を持つことができた。

その夢を10年後に叶えることができた。
そして次の夢は無謀に近い夢。
でも挑戦しなければただの夢物語だ。
挑戦することでチャンスも広がる。

だた夢見てるだけじゃつまらない。
やらずに後悔するより、失敗しても挑戦する方が後悔はないと思う。
いつになるか分からないが、私は夢を叶えるため挑戦し続けたい。

私は学ぶことが嫌いだった。
学ぶといっても学問だ。
学生だった時は勉強が嫌いで、テスト前に少し勉強するだけ。
授業中は退屈なので友達としゃべったり、時には寝たりしていた。

卒業するまでこんな学生生活を後悔したことはなかった。
社会人になって、常識が分からないことに気付いた。
例えば漢字。
領収書に名前を書くとき、漢字が分からないので教えて下さいというと何何の何と例えられる。

私はそう言われても分らないので、お客様には面倒をかけるが紙に書いてもらわなければならない。
あとは日本地図。
日本に住んでいる以上は、有名な都市くらいは分からなければいけない。
お客様が宅配で荷物を送るとき、都市名を言われても県名が分からないので、送料を調べられない。

とても恥ずかしいのですが、何件ですかと聞くしかない。
その時お客様にとってはおかしなことを聞くなという顔をされる方もみえる。
最低限の常識は学校で学べる。
それをしなかったからこうなった。

今はとても後悔している。