ランドセル

もうすぐ一年生になる娘のために、旦那の親がランドセルを買ってくれました。娘は、ランドセル届いてから眺めてはウキウキしています。
私が小学生の頃は、ランドセルの色も赤か黒くらいだったと思うのですが、今はいったい何種類あるんだーというくらいバリエーションに富んでいます。

特に女の子向けのランドセルは、刺繍がついていたり、キラキラとデコってあったり、6歳の子供は目移りしてしまって決められないくらいあるんです。
オーダーメイドで、革の色、縫い糸の色、金具などを決めることが出来たりするタイプが人気のようだったので我が家もカバン屋さんにいこうねと話していたのですが、ある日、ショッピングモールを歩いているときにみたランドセルがどうしても欲しいというので決めました。
色も最初はピンクがいいと言っていたのに、茶色を選び、ハートの金具が控えめについているものの、キラキラしている刺繍もなく、今まで娘とカタログでこういうのがいいなと言っていたランドセルよりだいぶ地味な感じでした。何度他のランドセルを進めても娘の意思は固いので決めました。
その購入したかばん屋さんによると、刺繍してあると強度は落ちるし、あまり派手なものを選ぶと高学年になって嫌になってしまう子も多いそうです。
こんなに色々なランドセルがある理由は、メーカーでだいたい決まった形は作ってはいるものの、ランドセルを販売する百貨店やスーパーによって好みのデザインが変わってくるので、発注されたようにデザインすると種類が増えてしまっている現状と教えてくれました。
ちなみに、百貨店はかわいらしさにも上品さがあるのを好み、スーパーはとりあえず派手でキラキラギラギラしているランドセルにと要望があるそうです。
お気に入りのランドセルを背負って、6年間小学校生活を楽しんで、知識だけではなく多くのことを学んでほしいなと思っています。

«
»