猫の社会

飼っている猫を見ていると、猫の力関係がよくわかる。
一般的に猫は群れない動物言われているけど、飼われている猫は群れる事がある。
野良猫と同じようにテリトリーの中で一番強い猫がボスになる。

飼い猫の場合のテリトリーは飼われている家の中になる。
この中でもそれぞれの猫によってテリトリーが作られ、猫の社会が形成される。
自分のテリトリーとしている場所に他の猫が入るとケンカになる事もある。

それぞれの猫の相性もあるが、ケンカの有無は力関係や年齢によって変わってくる。
我が家のボス猫はもう高齢なので基本的にあまりケンカをしない。
実際にケンカをした場合は次期ボス候補の猫の方が強いのだけど、時期ボスは今のボス猫とケンカをしようとしない。

まるでSPのようにボス猫にべったりとくっついて行動をする。
他の若い猫がふざけてボス猫にちょっかいを出すと、次期ボスが間に入って若い猫を蹴散らす事もある。

こうしたボス猫とその他の猫の関係だとか、それぞれの猫同士の関係を観察していると、飼い猫の社会にもそれなりのルールやタブーが存在していることが分かる。
若い猫はこのタブーを破ってしまうことがあり、揉め事の原因になることが多い。
それでもボス猫は若い猫を迫害することはなく、他の猫に受け入れられてない猫のことも受け入れているように見える。
人望ならぬ猫望があるがゆえ、SPのような猫ができたり長い間ボス猫として君臨しているのかもしれない。

荒ぶる若者と衝突する親世代。それを窘める老人世代。
まるで人間社会のような行動が猫の間にも存在している。

ピアス
オリジナルチタンピアス
【セカンドピアスご購入者全員に「セカンドピアスの安心ケアガイド」プレゼント中】
www.nadeshiko-st.com/
関連:www.nobleknightsjrts.com

»