1本から!便利なカクヤス

テレビ東京に『カンブリア宮殿』という番組があるのですが、そこにカクヤスの佐藤順一社長が出演していました。カクヤスの概要はこんな感じです。
東京都北区王子に本社がある「なんでも酒や カクヤス」は酒屋の減っている近年で、1994年に2店舗しかなかったにもかかわらず、店舗数は15年で142店舗になったそうです。

カクヤスの成長を導いたのは“安さを超えた高いサービス”です。東京23区内なら、ネットや電話一本で、ビール1本でも、2時間以内に無料で配達してくれるんです。しかも、重い商品などはなんと家の中の台所まで届けてくれるというのです。
この手厚いサービスのおかげで、いまや1日1万5000件の注文が殺到しているそうです。一般家庭だけではなく、レストラン、銀座や六本木の高級クラブなども顧客になっているといいます。
テレビの中で佐藤社長が言っていた印象的な言葉は、「駅前に百貨店ができ、幹線沿いにスーパーができた。そして、家の近くにコンビニができたので、最後に玄関を押さえた流通が勝つと思った」でした。これからは、価格競争だけでなく他で付加価値を提供できる企業が残っていくんだなと思いました。
ビール1本だけ注文、というのはとっても心苦しいのですが、先日どうしても飲みたいお酒があったのでボトル1本だけ注文してしまいました。電話の注文は気まずかったので、ネットで頼みましたが、1時間後に商品を持ってきてくれた方は気持ちよく対応してくださり、安心しました。

石垣島にてダイビング
石垣島にてダイビング
目的やレベルに合わせたチーム分けが最重要要素と考えています。
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»