きれいな言葉

うちの子供2人は、どちらも女の子なので、成長して社会に出たときに恥ずかしくないように、私たち両親が使う言葉をはじめ、娘の言葉遣いに気を配りたいと思っています。保育園で憶えてくるたくさんの言葉の中には、使ってほしくないなぁ・・・という言葉も多くて、いちいち直してはいるのですがやはり追いつかず、ましてや友達同士で使っていれば治ることもほとんどないのが現状です。

私は、小さい頃親からうるさいほどに言葉遣いは直されてきて、きれいな言葉遣いはすてきな生活を作ってくれると教わってきて、それを実感することも社会に出て感じたこともあったので、娘も綺麗な言葉遣いを、と娘が産まれたときから思っていましたが、なかなかうまくいかないのです。
小さい頃は汚い言葉を使うのがなぜか嬉しがったり、こちらがえーっと思う言葉をたくさん憶えてきて、どう直したらいいのか、直るのだろうかと悩んでしまいます。娘が3歳くらいの頃、やっと言葉が文章になってきたなと思ったら発音がギャルっぽくってびっくりしたのを憶えています。
先日新聞で、不慮の事故でしゃべることの出来なくなってしまった小学生の女の子の記事を読みました。魔法が使えるとしたら、何をしたい?と聞かれたその女の子は、家族にただいまっていいたい、後は、魔法が切れる前にみんなが眠る前におやすみと言えれば十分、と答えていました。
テレビやネットで様々な言葉や情報があふれている今、目と目を合わせてあいさつすることの大切さ、言葉で自己表現して伝えることの大切さを改めて考えさせられました。

«
»