おもしろネーミング

ある製薬会社の商品はよくCMで目にしますが、ダジャレ交じりのユニークな商品名は一度聞いたら忘れられないようなものばかりです。CMを聞き流していてもどんな商品かがわかるほどのネーミングセンスにいつも驚かされています。

その会社が、ネーミングに限らず、新商品のアイデアを、全社員から公募しているそうです。アイデアを集めるときのポイントは、「とにかく何でも出してくれ」ということです。「いいアイデアを出してくれ」と言うと、なかなかアイデアが出てこない。誰からのアイデアでも受け付けるし、あまり難しいことは考えなくてよい、ジャストアイデアでいい、という方針にしました。この方針なら、全社員が、アイデアを考え続ける癖がつきます。そして、あらゆる部署の、いろんなバックグラウンドを持った社員から、幅広いアイデアを、たくさんの数、集めることができるのだそうです。
また、とにかく皆で考える癖をつけようというのがこの制度の特徴です。アイデアを提案すると、そのアイデアに対して、「参考になる」とか「既に市場に類似製品があるので見送る」というように評価が必ず返ってきます。返事をしている方は大変ですが、きちんとフィードバックがあるとアイデアが出しっぱなしになるということはなく、社員のやる気につながり、次のアイデアを考えるのも楽しくなるようです。
ネーミングは、売れる売れないを左右する重要な要素で、デザインの基本は商品の特性を分かりやすく伝えることだと再認識させられました。「健康を求める消費者のためになっているか。消費者の求めるコンセプトにあっているのか?」と社長は常々社員たちに問いかけているそうです。ネーミングは、カッコいいから、とか、響きがいいから、とかそういう理由で選ばれることも少なくないそうなのですが、それは、会社目線の発想です。とことん、お客さま目線で考えているからこそ、「お客さまが、
わかりやすいネーミングかどうか」というシンプルなルールに、たどり着いたのだと思います。

女性のパワーを活かす
就業管理システムの決め手
支店や営業マンの端末と本部をネットワークで繋げば一元管理が可能に。お問い合わせはコチラ。
biz-work.jp/
関連:www.nflsea.com

«