100円均一

原宿に集団が見えたので、何だろうと近づいてみると、デンマーク版100円ショップに入るための行列でした。お店に入るのに整理券を配布するほどの人気だそうです。すごくカラフルで見てるだけで楽しくなる商品がたくさんあるので何度も足を運んでしまいそうです。

低価格で品揃えも多く、学生にも主婦にもお年寄りも楽しめるアミューズメントパークのような価格均一店が最近増えてきています。
そこで日本最初の価格均一店が気になり調べてみました。十銭ストアという昭和5年に百貨店が開いたお店です。当時初めてのチェーン展開をし、106店舗もありました。当時も約2000種類の豊富な品揃えがありましたが、百貨店で仕入れた中の形がゆがんでいるガラス商品など、いわゆるアウトレット商品を売っていたそうです。当時の新聞に「『安からう悪からう』も事実には違ひないが買ふ人が「十銭」だけの値打ちを認めて買ふのだからどちらにも文句はないはずです。」という記事があります。
そんな安かろう悪かろうな商品というイメージを変えていったのは、現在最大手の100円ショップでした。商品の品質向上に力を入れ、オリジナル製品の大量生産ルートを確立し、催事販売を依頼する百貨店の信頼を勝ち取りました。
現在はご存知の通り、生活用品でお店に無いものは無いのではないかというくらい豊富な品揃えで、多くの人が訪れるお店に成長しました。
今まで100円ショップというと、雑然と高い棚に上から下まで商品がたくさん並んでいて、欲しいものを探すのに一苦労といった印象で個人的には苦手でした。しかし、最近久しぶりに行ってみると、明るくパステルカラーを基調としたお店のデザインで、棚も低く今までの圧迫感もなくなっていてびっくりしました。品揃えも豊富で、便利グッズがたくさんあったり、ディスプレイも雑貨屋さんのようにおしゃれになっていたり、楽しく買い物ができました。

飲食店も望ましい管理システムを
就業管理の改善で事務処理効率向上
就業管理システムの改善がもたらす効果は計り知れない。コストパフォーマンスは最上級。
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

«