九死に一生

たまにテレビ番組で、九死に一生スペシャルというものが放送されています。私もよく観ているのですが、みなさんの奇跡の体験には毎回驚きます。私もこのテレビ番組で紹介されている体験ほどではないですが、今までに危なかったと思う体験をしたことがあります。以下、私が大学生時代に経験した、九死に一生の体験です。

 当時私は大学の近くのアパートで独り暮らしをしていました。その体験をしたのは、たまたま大学の友人と夜外食しに出かけた日のことです。お店を出て、2人で家まで歩いて帰っていました。友人の家の近くで別れ、私はもう少し先の自宅まで歩いていました。私の住むアパートが見えてきたころ、後ろから車が来ていることに気付きました。端により、車が通り過ぎるのを待っていたのですが、その車は私のすぐ後ろでスピンを起こし、180度横転したのです。すごい音が辺りに鳴り響き、近くに住む人たちが一斉に出てきました。幸いその車を運転していた人はほぼ無傷で、車が横転した直後に車から脱出し、自分で警察に連絡を入れていました。私は一瞬何が起きたのか分かりませんでしたが、冷静になって考えると、あと数メートル後ろにいたら、その事故に巻き込まれていたかもしれなかったということに気付き、とても怖くなりました。その後警察も到着し、その事故について運転手より話を聞いていたようですが、事故の原因は携帯電話を使用していて、ハンドル操作を誤ったためとのことです。
 その事故では、幸い死人やけが人が出なかったので良かったのですが、もしかしたら私や他の誰かが危険な目に合っていたかもしれません。軽率な行為が、大きな事故を招く原因となります。この出来事を機に、より気を付けて生活しようと思うようになりました。またこれ以上、誰かが苦しむような悲しい出来事が起こらないことを願っています。

«
»