教育とテレビ

昔からテレビは教育に悪影響があると言われている。
しかし、教育を目的とした番組も作られている。
子供のテレビに視聴には、大人が注意をはらう必要があるという。

私の子供の頃に比べて、今のテレビ番組は内容にかなり気を使っていると思う。
今に比べて昔の方が倫理的に問題のある表現がテレビでも使われていた。
それはギャグの一つだったり、話題作りのための行き過ぎだ企画や演出だったりした。
アニメの内容にしても、今に比べて問題になりかねない表現も多々あったと思う。

そうした番組にPTAや子供を持つ視聴者からの苦情があり、段々と番組の作り方が変わってきたらしい。
しかし、「反面教師」と言う言葉があるようにそうした番組を子供が見たとしても大人がその内容についてしっかりと話をして良し悪しを理解させれば問題はないのではないか?

実際の問題は、各家庭での子供へのテレビの見せ方にあると思う。
例えば幼児の頃から食事中のテレビをつけていると、子供はなかなか食事に集中できない。
こうした家庭の子供は幼稚園や保育園でも食事に時間がかかる事が多いそうだ。

常にテレビがついている家庭の子供は「テレビをみながら」の「ながら」生活に慣れてしまう。
テレビ見ながら食事、テレビを見ながら宿題…集中して1つの事に取り組む事が無い生活になってしまう。
そして子供だけでもテレビを見ることで、番組内容の良し悪しの判断がつかないままになってしまう。

子供にどういう形でテレビを見せるのか、生活の中にテレビをどう取り入れるのかを決めるのは大人だ。
テレビが教育に悪影響を及ぼすのではなく、際限なく娯楽であるテレビの視聴を許す大人が悪影響を及ぼしているのではないだろうか。

«
»