生活

布団へのこだわり

布団へのこだわりはひとそれぞれ。
ブランケットを持ち歩くというあの有名なシンドロームがあるように、寝具というのは人の心と密接につながっている。
私も昔はブランケットを持ち歩いていた。
どうしてもそれを離さないで、抱えてじっとしている子供だったらしい。
非常に暗かったようだ。

“布団へのこだわり” の詳細は »

マンボウのこと

水族館は、この世で一番素敵な施設だと思っている。
動物園も、博物館も、美術館も映画館も大好きだけれども、みんな束になってかかってきたって水族館にはかなわない。
言うまでもなく、あくまで個人的な趣味嗜好の話である。

“マンボウのこと” の詳細は »

母の瓶集め趣味

私の母には、軽い収集癖がある。
中学生だか高校生くらいの時には、飴のつつみ紙を丁寧に伸ばしてとっていたそうだ。
そのコレクションは今はもうないが、今でもそれを取っておけばよかった、と時々言っている。

“母の瓶集め趣味” の詳細は »

あぶない発言

本当だったらその場にふさわしくない発言を、ふさわしくないと分かっていながら言わずにはおれない衝動に駆られる、という心の病があるというのを、前に何かの本で読んだ。
小説だったと思うけれど、精神科医の先生が書いた本だったから、実際にそういう症状はあるのだろう。
例えば、結婚式なのにご法度の「別れる」ということを言ってしまったり、神妙な席で突然大声を出して走り出したくなる、そして、それを実際にやってしまうなんてこと。

“あぶない発言” の詳細は »